築100年の古民家暮らしを体験

Guest house そらいろ

 0967-46-5303

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

イベント 宿情報

募集スタート☆『かつお節を削る暮らしの提案』WS

投稿日:2019年7月6日 更新日:

こんばんはー!ゆうです。

 

前回予告したワークショップ
『かつお節を削る暮らしの提案』

募集スタートしますーーー!!^^

 

お申し込みフォームはこのページの一番下にございます〇

 

 

『削ラー』人生10年目になる
講師の山本美奈子さんの想い。

 

 

心にじーーーんときたので
こちらでシェアさせていただきます!

 

- - - - - - - 

 

はじめてかつお節と出逢ったのは
とある「だしとり教室」でのこと。

いい大人にも関わらず
「出汁」とは白い袋に入った粉末を
お湯に溶かすものだと思っていて
今さら他人に聞けず
藁をもすがる想いで参加。

そこで見たものは
昆布とかつお節でひいた
黄金に輝く一杯の出汁でした。

 

一口飲むと
全身の細胞まで染み渡り
浄化されていく感覚に感動しました。

 

同時に
とある母娘との出逢いが
私の使命感に火を付けます。

 

女の子の名前は、きえちゃん。
離乳食を始めたばかりの
「いやいや病」でお母さんを悩ませていました。

 

なにも食べてくれない娘に悩み
私同様
藁をもすがる想いで参加した講座で

 

コップを奪い取り
すごい勢いで何杯もおかわりを催促する
娘さんの姿を見て
お母さんは
安堵に目を潤ませておられました。

 

私たち日本人のDNAにはしっかりと
歴史の軌跡が刻まれていることを
実感した出来事でした。

 

そして
枕崎のかつお節屋さん
的場水産の女将・真美さんが
贈ってくださったことで
ミニ削り器と出逢います。

 

「このミニ削り器を肌身離さず持ち歩いて
大切な人30人に伝えよう」

 

「削ラー」の誕生です。

 

ありがたくも
いい友人・知人に恵まれ
その和はどんどん広がっていきました。

 

削ラー活動の理念は
「ペイ・フォワード」という
ルールに基づいています。

誰かに助けてもらったら
その人に恩返しをするのではなく
助けが必要な誰か3人に送るというものです。

 

改めて数えたわけではありませんが
削り器の販売やイベントを通じて
私が直に関わった人は1,000人以上。

「ペイ・フォワード」が少しでも機能していれば(笑)
おそらく全国に4〜5,000人くらいは
「かつお節を削る暮らし」を
実践してくれているのではないかなぁ。

 

煩雑で忙しい現代社会において
毎日悠長にかつお節を削るのは
なかなか難しいです。

 

でも
かつお節を削る愉しさ・美味しさは
きっと
そんな時代の私たちの心身を
癒してくれる力があります

 

次の世代の子どもたちに紡ぐバトンは
「簡単・早い・便利」な即席品ではなく

1000年間
先代たちが護り伝えてきたモノでありたい。

- - - - - - - 

 

この機会にぜひぜひ
『お出汁をとる暮らし』を
体験してもらえたら嬉しいです^^

 

軽食を食べる時間を含めると
ワークショップは3時間みてもらえると
良さそうです!

 

 

【内容】

・黄金のお出汁のウェルカムドリンク
・美奈子さんが『削ラー』に目覚めたお話
・かつお節を実際に削ってみよう
・自ら削ったかつお節で即席おみそ汁をつくってみよう
・かまどで炊いたごはんのおにぎり、おみそ汁、漬物の軽食付き

【こんな方にぜひ来ていただきたいーーー!】

・出汁の取り方って、今さら人に聞けない…
・こどもの偏食が気になっている
・出汁をとるって大変なんじゃない?
・かつお節、ちょっと削ってみたい

【詳細】

 日程:2019年8月3日(土)
 時間:13:00~16:00
持ち物:エプロン、三角巾
 定員:20名
参加費:大人1人2000円(材料費・講師代を含みます)

■美奈子さんのはからいで
お子様は何歳でも無料です^^
ぜひぜひご家族でご参加ください!

■そらいろにそのまま宿泊される方は宿泊予約の際に
「ワークショップに参加希望」とお伝えください☆
もちろん日帰りもOKです!

気になる…と言う方は
この機会にぜひぜひご参加くださいねーーー!

私はお出汁のウェルカムドリンクが楽しみで仕方ないっ!
ぜひぜひ、お待ちしております^^

 

お申し込みはこちらから↓

 

-イベント, 宿情報

Copyright© Guest house そらいろ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.