宿情報 食のこと

そらいろの宿泊料金と食事につきまして

投稿日:

こんにちは、ゆうです。
今日はうすぐもり。風が吹くと心地いい~けれども、やっぱり暑い阿蘇です。

先日福岡の海に行ってきました。福津の宮地浜海水浴場。
遠浅で人も少ないし、とーってもきれいなんですよ!
そらいろから高速で2時間ほどで行けちゃいます。
毎日でも行きたいくらい大好きな海!!

 

この8月からの再開にあたって、改善したいなぁという箇所をたかさんと列挙しています。

駐車場の整備や ゲストルーム、受付の見直し。魅力的な庭づくり。網戸の設置。

そして、これからも気持ちよく続けていける価格。

これまでは二食付きで ひとり5700円。
今回は朝食付きで ひとり6500円(大人2人名のとき)

そして、新たに、人数が増えるとひとりあたりの値段が少しずつお安くなる、
いわゆるホテル式の料金システムを導入してみました。

ゲストが一人でも10人でも、やることは同じで
掃除をして、お布団を干して、シーツをかける

そして私は朝からひたすら食事の仕込み。

そらいろの食事は、出来合いのものはなく、すべて手作りです。

漬物も、味噌も、梅干しも自家製。

パンもこねこねして、焼いています。季節のジャムも作っちゃいます。

それをまだ10か月の子とおんぶであやしたり、合間をみて授乳や一緒に遊びながら準備をしているので
朝から夕方までがあっっっという間!!

冷凍食品など、すぐ出せるものをお店で買ってきちゃえば楽だけど
お金をいただいてお客さんにそれを出すのは、私はあまり気持ち良くないのです。

だって、それならどこでも食べられるから。

自慢のかまどで炊いたご飯と一緒に、ここでしか食べられないごはんを味わってもらいたいのです。

きっと、なんでも自分でやってみないと気が済まないのでしょう。

そんな風に、お客さんを迎える準備を時間と気持ちをかけてしているので
これからも宿を続けていけるように、もう少し、自分たちへの満足度を上げたいと思ったわけです。

また、夕食の提供がないのは、おしゃべりが上手になってきた長女、かえでとゆっくりお話ししたいからです。

保育園から帰ってきてから寝るまで、
「かっか、あのね、きょうね~プールでばちゃばちゃしたの~」とたくさんお話してくれます。

お休みしていた時でも、夕方は泣いている下の子をおんぶしながら家族のご飯を作るのに必死で
ちょっと待ってね、ばっかりで、ゆっくりお話しする時間がとれずに寂しい想いをさせていました。

食事の時くらいはゆっくりお話し聞きたいなぁー
これからますます、そういう時間を大切にしたくなるんだろうなぁ。
というわけで、私たちも家族とお客さんとのちょうどよい関わり方を手探りでさがしていきます。

どうかご理解頂けると嬉しいです。

-宿情報, 食のこと

Copyright© Guest house そらいろ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.