築100年の古民家暮らしを体験

Guest house そらいろ

 0967-46-5303

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

寺子屋をやりたい…!

投稿日:

[ad#co-1]

こんにちは、ゆうです^^

ここ、神奈川も秋が深まってきました。公園にいくと、落ち葉がたくさん。シャクッシャクッと、音を楽しんで娘とお散歩しています☆

いつまでお休みするの?

とよく聞かれるのですが、

下の子が夜ぐっすり眠るようになるまでは…宿としてはムズカシイ…とは考えています。

お客さんはもちろん、自分も睡眠をとらないと営業どころじゃないので…>_<


(近代的で快適な実家。すきま風なし!)

じゃ、それまでどうするの?

っていう話です。そうなんですよ。ずーーっとそこを考えています。

私の幸せは、家族みんなが笑って過ごすこと。そのためにはまず、私が笑っていることが大前提なのです。


飽きっぽい性格なので、家にずっとこもっていることはできません。乳児を毎日のように連れまわすのもかわいそう。

宿以外でできる仕事が家でできたらいいなぁー、何かないかなーと。
で、

そういえば!と思い出したんです!

「いつか寺子屋をやりたい」

いつからそう思っていたかは覚えていないのだけど、私は時々周りの人たちに話していました。


日本の食文化や、郷土料理、生きる知恵を知りたいし、次の世代に伝えていきたい。

何でも買える便利な世の中だからこそ、原点を知ることで、「ありがたい=有り難い」ことを伝えたいのですっ!

住宅地で育ち、退職してやんばるのゲストハウスで働き始めた私は、24歳でそれを知りました。

価値観がガツーン!!と変わり、余計なプライドもぶち壊してもらって、目の前にたくさんある豊かさにようやく気づいたんです◎おかげで性格もかなり変わりました。笑

でね、ふと気づいたんですよ。

なんで「いつか」??今やればいいじゃん!と。

きっと、50〜60歳くらいからやっている(寺子屋という響きだけで)私の勝手な思い込みがあったんですね〜!

30代でやってもいいし、むしろ便利すぎる現代で育っている20〜30代の方に広めたいのです。いつか自分の子どもにも伝えてほしいから。

おじいちゃんおばあちゃんが生きているうちに、戦争のことも、生きる知恵も、たくさん教えてもらいたい。

寺子屋は日帰りのイベントとして、定期開催を計画中です!
(まだ何も決まっていませんが。笑)

こんなことをしたいと考えています

  • 味噌づくり
  • だしの取り方
  • こんにゃくづくり
  • 豆腐づくり
  • からだに優しいおやつ
  • 薪割り
  • かまどでごはんを炊く

もちろん食以外にも、

自分が経験して、他の人にも広めたいなぁと思ったことを、センセイを招いて開催したいと考えています。

そして、米づくりもやってみたい!

定期的に集まって、でみんなで作れたら楽しそうだなぁ^^

そらいろでこんな事したら面白そうだね〜
それならこの人を紹介するよ〜
という情報があったらぜひ教えてください(*^^*)

[ad#co-5]

[ad#co-5]

-未分類

Copyright© Guest house そらいろ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.