子育て

産後に高熱!産じょく熱?乳腺炎?

投稿日:2017年9月20日 更新日:

ゆうです。

産後翌日から回復はかなり早く、スタスタ歩けるほどだったのですが

産後3日目のきのう、朝からものすごい寒気に襲われ39.9℃まで発熱してしまいました。枕から頭を上げることもできず、まさしくインフルエンザの時のよう…。

抗生剤の点滴を打ってもらい、1日経って熱は37℃まで下がったので、ホッと一安心。

調べてみたところ、産後の高熱ってそんなに珍しくないみたいですね〜!

高熱の原因はいくつかありますが、以下の3つが主だそうです。

  1. 産じょく熱
  2. 乳腺炎
  3. 尿路感染

①産じょく熱

分娩して24時間以降、産後10日以内に2日以上にわたって38℃以上の発熱が続くことを総称として「産じょく熱」と呼ぶそうです。

原因はさまざまあるようですが、多くは分娩によってできた傷から細菌感染するもの。

他にも産後に胎盤や子宮内膜や悪露ががスムーズに出なかったり、子宮内膜炎などが起きていると産褥熱が出ることがあると言われています。

特定するには血液検査が必要で、太〜い針で動脈採血をしたのですが…これがめちゃめちゃ痛かったー!

動脈は奥にある血管らしく、けっこう深くぐっさり刺してました。。そして結果が出るのに5日くらいかかるそうです。

②乳腺炎

おそらく母乳育児のトラブルNo. 1の乳腺炎。おっぱいの乳腺がつまることで炎症がおきて、おっぱいがカチカチの岩のように硬くなったり、部分的に熱をもちます。さらには自分も発熱することも!

もう、本当に涙が出るほど痛いですよ。私も長女のときに何度かなりかけました。。

乳腺炎を防ぐには、おっぱいの出をよくする他ありません!

  1. マッサージをして乳管を開通すること
  2. 水を意識して多めに飲んで、サラサラの母乳をつくること
  3. 赤ちゃんにしっかり吸ってもらうこと

母乳が軌道にのるまで個人差はありますが、1ヶ月はかかると言われています。

赤ちゃんもまだまだ哺乳力が弱くうまく飲めないのもありますが、母乳の分泌量も産後すぐは少なめです。

ちなみにうちの次女の場合。直母でどのくらい飲めているのか体重の差分を測ったところ、昨日は1回の授乳で12ccでした…。12って!!

ミルクだと80ccは飲んでるので、まだ私の母乳が追いついてないことになります。えーーん、上の子を母乳で育てた私としては悔しい。涙

③尿路感染症

膀胱炎や腎盂腎炎などのことを尿路感染症と呼びます。これは産後だけでなく、妊婦さんや赤ちゃんにも多いそう!聞きなれないコトバなので調べると、ここのヘルスケア大学さんのサイトにわかりやすく書いてありました。

なんにせよ、免疫が低下していると感染しやすいので産後6〜8週間の産じょく期はゆっくり体を休めることが一番ですね。お母さんが元気に笑っていないと家族も心配してしまいます。

私も入院中はゆっくり休ませてもらって、予定どおり退院できるようにしますっ!!

かえでお姉ちゃんは赤ちゃんに興味しんしん!抱っこしたり撫でまわすのをヒヤヒヤしながら見守っています^_^;

-子育て

Copyright© Guest house そらいろ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.