テレビよりも星空を。築100年の古民家暮らしを体験

Guest house そらいろ

子育て 食のこと

田舎に移住してアトピーが改善した話

投稿日:2017年9月1日 更新日:

 

こんにちは、ゆうです。
ゲストハウスが産休に入ったので、ずいぶん余裕がでてきました~^^

昨日は放置してた草ボーボーの畑を少しお手入れ。

右からオクラ、ナス、サツマイモがいるのですが…
もう…草がすごすぎて何が何だか…。
草刈り1時間ほどして、ようやくサツマイモ畑の周りがすっきり!心もすっきり!

//////////////////////////////////////////////////////////////

今日は私の体質改善のお話を。
現在アトピーに悩んでいる方や、アトピーをお持ちのお子さんがいる方の参考に少しでもなればいいなぁと、書かせていただきます^^

私は子供のころからアレルギーにずっと悩んでいました。
アトピー・シックハウス症候群・カビ、ダニアレルギー・猫アレルギー(飼ってから判明)・スギ花粉症・じんましん。

夏は汗の刺激で首や関節の内側がかゆくなり、冬は乾燥で耳たぶの下や首なども含めて体中がかゆくて本当に大変。
社会人になると、ストレスのせいかほぼ毎朝じんましんが出るようになりました。
処方された薬や市販のかゆみ止めを体中に塗り、じんましんをおさえるために保冷材を常に冷凍庫で冷やしていました。
皮膚科に毎週通うのを熊本に移住するまで続けていたんです。

それが熊本に移住して、環境と共にガラリと体質も変化したのです。

まず、水!

飲み水は、家の裏から湧き水をひいています。とーっても贅沢!
引っ越して1か月は水道の蛇口をひねっても出てこなかったので(笑)

水源から直接パイプとホースをつなぎ合わせて台所に引っ張っていました。
我が家のお水はコンコンと湧き出ていて、水温は年間一定で14~15度ほど。

柔らかくて少し甘みがあってとっても美味しい!

阿蘇の噴火によってできた火砕流が堆積してできた土壌は、天然のろ過装置になっているんですって。

おかげで他県よりも地下水のたくわえが多い熊本県は、「火の国」でもあり「水の国」でもあるのです。

県内にはなんと1000か所以上も湧き水スポットがあるんですよ~!

私が熊本を移住先に選んだ理由のひとつでもあります。

 

そして温泉!

車で15~30分ほどの距離に温泉が5か所ほどあります。料金も地元民なら100円~500円。

めっちゃ安いので長女を妊娠してお腹が大きくなるまでは毎日温泉に入りに行っていました。

温泉で会うおじいちゃんおばあちゃんは、みんなお肌がピカピカなんですよ!
当時28歳だった私よりも、断然肌がきれいで見とれていました。

硫黄泉・単純泉・鉄と泉質もさまざまなので、日によって行く場所を変えていました。

最後に洗剤!

食器を洗うのも、洗濯をするのも、洗剤ではなく重曹とクエン酸にしました。
いわゆるナチュラルクリーニングというやつです。

洗剤が刺激となって経皮毒となり得る…という話を聞いたことがあったので、
自分自身で実験してみようと始めたのですが

手も荒れないし、必要な皮脂までもっていかれないので私には大正解でした!

真っ白にならなくたっていいんです。

いい匂いがしなくてもいいんです!

 

 

転機がやってくる

長らく空き家だった我が家の大掃除を毎日していましたが、
特にじんましんが出ることもなく肌トラブルは無し。

が、転機は移住して1か月ほど経った頃…。

地元の友達の結婚式があったので神奈川に数日帰省した時のこと。

実家のお風呂に入ったときに、シャンプーやせっけんはもちろん使わなかったのですが、
それでもなぜか顔が赤く炎症を起こしたのです。

水で洗ってもかゆみと腫れは引かず、久しぶりに皮膚科の薬のお世話になりました。

それから熊本に帰ってからもずっと肌の調子は悪く、
どんなに低刺激の化粧水も日焼け止めも受け付けないほど敏感になってしまいました。

なにも塗らないで肌本来の力で復活できるかな、と試してみましたが…

どんどん乾燥してかゆみは増すばかり。

グリセリンと精製水で作った自家製の化粧水をうっすら塗ってしのぐこと3か月ほど…

自然療法に詳しい人にたまたま出会い、肌状態のことを相談してみました。

その方が言うには

「水道水の塩素の刺激もあったかもしれないけど、それって好天反応なんじゃないかな」と。

・体内で70%の割合を占めるという水が、水道水から自然の湧き水に入れ替わったこと。

・白米、パン、外食が多かった食事が、玄米と野菜中心の食事に変わったこと。

それによって体質改善する前の、毒素が身体から外に放出されている状況なんじゃないかと。

おぉー!そう言われてみたらそうかも!!!

思春期になってから、気合いで顔だけはアトピーが出ないように、
かゆくても絶対かかないようにしていました。

でもこの時はなぜか顔だけ。炎症で赤く、腫れていたので本当に人に会うのが憂鬱だったのですが、
その言葉を聞いてからずいぶん気持ちがスッキリ。

きっと、顔の肌が毒素の出口を引き受けてくれたんでしょうね。
ありがとう。

思い悩むことが減ったせいか、毒素がいい感じに排出されたのか、
けっきょく顔の炎症は出始めてから5か月ほどで治まりました。

ちょうど10月頃で、汗の刺激や過度な乾燥がない時期なのも良かったのかもしれません。

 

移住から4年半経った今。

あれからは顔の炎症がぶり返すこともなく、こちらに来てからじんましんは一度も出ていません。

ひどいアトピー症状もなく、繁忙期に1日中料理をしたりで常に手が濡れていると、
主婦湿疹のようなものが右手指に部分的にでてくるくらい。

今住んでいる小国町は杉で有名な町ですが、
重症だった花粉症も「かゆすぎて目も鼻もいらない!」から
「くしゃみでるなぁ」くらいに軽減されました。

現在はこどもがいるので玄米から五分づき米に変更し、
野菜を中心にお肉もお魚もパンも食べています^^

できるだけ摂取する添加物を減らせるよう、おやつもパンも、料理のたれやドレッシング類も手作り。

そらいろのごはんは、そんなわけで心にも体にも優しいんですよ☆

 

冬場の乾燥する時期やあせもでかゆみが出たときは、

私はボディクレイ社の「ねんどのクリーム」をつかっています。

ねんどの成分がかゆみの原因となる過剰分泌されたヒスタミンを吸着してくれるそう。

私は7年ほど前からリピートして使っています。

昔は皮膚科の弱ステロイドが入った軟膏と併用していましたが、今はこれがあれば大丈夫。

靴下やパンツのゴムのかぶれにも、効きますよ^^

まとめ

20数年アレルギー体質で悩んできた私も、
暮らし方を変えたことで短期間で改善することができました。

ポイントは
水(食べ物)・洗剤・ストレス

あとは空気、かなぁと思います。

現在は抗菌や滅菌を過剰にしすぎて、
逆に免疫が低いことも良くない結果を招いているんじゃないかな、と思うところもあります。

たしかに子どもがいると汚れは気になるけど…

多少は菌を取り込まないと!とうちの旦那のたかさんはよく言っています〇

落としてしまった食べ物も、家の中なら我が家は「1分ルール」。笑

田舎に行けば誰もが体質改善するわけではないとは思いますが、
都会よりもストレスが少ないのは確かです。

まずはできることから試してみてはいかがでしょうか^^

//////////////////////////////////////////////////////////////

ゲストハウスそらいろは第二子出産のため現在産休をいただいております。
再開は改めてお知らせするのでごゆるりとお待ちください☆

 

 

-子育て, 食のこと

Copyright© Guest house そらいろ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.