築100年の古民家暮らしを体験

Guest house そらいろ

 0967-46-5303

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

【南阿蘇でボランティア 】宿を探している方へ

投稿日:

こんにちは、ゲストハウスそらいろのゆうです
災害ボランティアで県外から参加されるには、車と宿、飲料するものは自分で調達することになります。
そらいろは南阿蘇から1時間半、阿蘇市から40分のところにあります。
ボランティアの拠点として宿泊されたい方は、割引などはできないのですが…
食事や温泉のご案内など、こちらも全力サポートさせていただきます!!
どうぞ、お問い合わせください(*^^*)
ゲストハウスそらいろ
0967-46-5303
熊本県阿蘇郡小国町上田5303-1
熊本市内の知人が南阿蘇村へ行ってきた様子を転載させていただきます
参考にされてください*
******************
【 南阿蘇で足りないもの=人手です】
南阿蘇のお手伝いへ。
俵山トンネルが寸断されているので
阿蘇ミルク牧場方面〜グリーンロード〜久木野入り。
阿蘇へ入れば車も少なく、
帰りは熊本駅まで2時間程度(約48km)。
多くの地区は、のどかな光景が広がっておりました。
私が南阿蘇村ボランティアセンターを通じて入った
白水体育館は従事したのが8、9人程度で
私以外は地元の人。
びっくりするほどボランティアがいない^^;
支援物資は次々と届いてますが
これを仕分け、受け取りに来た人へ渡す人手が足りません。
朝から夕方まで毎日動き回っていては
さすがに負担が大きかろうと。
今は県民を対象にボランティア人員を
募集しているようなので
・身の回りが落ち着いてきた
・南阿蘇の状況が気になって仕方ない
・震災のストレスでモヤモヤしてる! 
という方は
南阿蘇で存分に身体を動かしませんか ?
受付は正午までなので、出発はお早めに。
南阿蘇で活動中の元同僚によると
一番被災者の多い旧長陽中・体育館では
直接、ボランティアの受付をしているそう。
いずれの地区も食料・水の物資は行き渡り、
喜ばれるのは
・歯磨き粉
・汗拭きシート(顔用・体用)
・高齢者&赤ちゃん用 紙おむつ
・お尻ふきシート
・コンタクト洗浄液 などの衛生用品。
(いずれも「箱」単位で)
私は道を教えていただいた郵便局で託された紙皿等の容器とお水、
東京の江戸城作家さんが送ってくださった野菜ジュースをお届け。
活動中、自衛隊員さんの分かりづらいジョークに苦笑したり
進学校へ通う女子高生のお勉強事情を聞いたりと
普段はご縁のない皆さんとの触れ合いも、また楽し。
雄大な風景に癒されてきたであろう南阿蘇へ
この機会に恩返しをしましょ♪
南阿蘇のキャラクター、
かなばあちゃんも待ってます(^ ^)
南阿蘇村ボランティアセンター
******************
ゲストハウスそらいろは 夫婦で営む小さな古民家の宿です。
昨年12月に産まれた看板むすめ、かえでも仲間入りしました♩

そんな 私たちの「暮らしのなかにある宿」に遊びに来ませんか?
「おかえり。ただいま。」と言いたくなる、おばあちゃんちのような雰囲気でお迎えいたします^^

◎お部屋は10畳(定員5名)がふたつと、6畳(定員3名)がひとつ。

◎10畳のお部屋は、同性の他の方と相部屋になることもあります。

お子様連れのファミリーが多いので、1グループで1部屋を貸し切ることもできます。
団体様や、1名様でのご利用もお気軽にお問い合わせください^^

【宿泊予約は前日までにお願いいたします】

◎宿泊プラン
⚫︎一泊二食付き
10畳のお部屋  5700円(小学生3600円)
6畳の個室  6700円(小学生4600円)

⚫︎一泊朝食付き
10畳のお部屋  4500円(小学生2500円)
6畳の個室  5500円(小学生3500円)

⚫︎一泊夕食付き
10畳のお部屋 5000円(小学生2800円)
6畳の個室 6000円(小学生3800円)

*寒い時期は暖房代として1人1泊につき200円を頂戴いたします
*小学生未満の添い寝のお子様は無料です

-未分類

Copyright© Guest house そらいろ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.