自然はまったなし。農家さんから学ぶこと

投稿日:

おはようございます、ゆうです*

余震も減り、昨日は家で心穏やかな1日を過ごせました
地震の翌日、私たちが避難の準備をしているのかで、農家さんたちは大きな余震の中ぜんまいを採りに行ったり野菜の苗付けをしている…
なんでこんなときにいつも通り?
とかなり疑問に感じました。
でも、春は農業が繁忙期になる季節◎
さつまいもやきゅうり、お米の苗付けは「今」なんです。
ぜんまいも次々に出てきます。
写真はお隣のゼンマイ農家さん。
陽が昇る前に山に採りに行って、茹でて 赤くなるまで天日干し。多いと軽トラ2台分くらい!
自然はまったなしなのです◎
今やらないと 今年一年の収入、そして次の年にも影響がでてしまうんですね>_<
しばらくしてそのことに気づき、強風ではがれたままにしていたジャガイモのマルチをなおし、草刈りをしました。
ついでに 家の中のたまった掃除とアイロンかけも。
なんだか、気分がスッキリ!
心がざわざわしているときだからこそ、身の回りが整頓されると落ち着きます
田舎暮らし3年目、非常時に気づかされたことがたくさんあります
小国を含め、阿蘇のあたりもお店からパンが消えています。入荷が困難だそう。
そろそろパンが食べたいと言っていたおばちゃんたちに、くるみパンと豆パンを焼きました
あとで差し入れ行ってきます

-未分類

Copyright© Guest house そらいろ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.