築100年の古民家暮らしを体験

Guest house そらいろ

 0967-46-5303

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

ゴールデンウィークの営業、します!!

投稿日:

おはようございます、ゆうです !

昨夜は大きな余震もなく、5日ぶりに家の布団で眠ることができました。
小国町でもまだ100人ほどが、断水や夜の余震に備えて避難所で過ごしている方々がおられるようです。
そんな中、ようやく考えがまとまりました!
【ゴールデンウィークの営業いたしますっ!】
全国から手を差し伸べてくれる方がたくさんいて本当に嬉しく思います。
ありがとうございます!!
余震が続く中、営業をどうしたらいいものかとずっと考えていました◎
お客さんがいるときに余震がきたらどうしよう。
安心できる空間を提供できなかったらどうしよう。。
でも営業したくても地震で損害してしまって開けられないお店がたくさんあります。
動ける私たちまで自粛してしまってどうするのか、と◎
今の私たちにできることは、
そらいろを守ることと、楓ちゃんの笑顔を守ること。
GWを利用して復興ボランティアに来たい方もいます。
そういった方々に宿を提供できたら良いなと考えました。
もちろん、予約が入らないかもしれません。
そのときは 支援活動を無理ない範囲でお手伝いさせていただこうと思います(*^^*) 
熊本県、手を取り合って頑張っていますよ!
なお、ゴールデンウィーク前の宿泊についてはお問い合わせください。
余震や大雨による土砂災害などで避難勧告が発令する場合もありますので、お断りさせていただくかもしれません。
現在のこちらの状況です。
そらいろは、水・電気ともに問題ありません。


湧き水の濁りもなく、飲料できます。
ただ、隣の蔵の傾きが大きくなり、入り口上の土壁がさらにはがれたので、倒壊の恐れありです。(もともとかなり壊れていました)
私たちは家の前の道路に車を停めています。
スタッフルームにしている2階へつづく階段の壁、上にぬっているしっくいの亀裂が広がりました。(もともとうっすら亀裂あり)
しっくいの下は土壁になっています。
揺れに耐えてくれたこの壁に感謝!!
お風呂場のタイルがぐるりと一周亀裂が入りました。
でもお風呂場はもともとスタッフのみの利用です。
そらいろの地震被害は以上です。
壁の亀裂も、父(設計士)に確認したところ今すぐ家が倒れる影響はないでしょう、ということでした。
近隣の温泉施設は、黒川温泉はこちらの旅館組合のホームページをごらんください。
小国町では杖立温泉は断水が続いています。
・わいた温泉の 裕花
・湯けむり茶屋
・木魂館
・ホタルの湯
は利用できます。
お隣、南小国町の地域おこし協力隊の方がおっしゃっていました。
******************
自身も被災されているにも関わらず、「お風呂に入れない被災者のために」と県内在住でお風呂に入れない状態の被災者を対象に温泉を無料開放しているところもあります。
避難者のために、炊き出しや差し入れを
もってきてくれる地域の人たちもいます。
「こげなときじゃき」
「もっと大変な人がおるき」
「うちばっかりじゃわりぃき」
「助け合わんとな」
こんな時ですが改めて地域力を感じています 。
******************
ほんとに、田舎の繋がりの強さには感服です
こちらは大雨暴風洪水警報が発令。
避難勧告がでたので、ひとまず肉まんを作りつつ自宅待機しております◎

-未分類

Copyright© Guest house そらいろ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.